宅建協会・保証協会について

保証協会について

HOME > 保証協会について

協会概要

 公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会(略称:全宅保証)は、主たる事務所(中央本部)を東京都千代田区に置く組織で、その従たる事務所(地方本部)の一つが、公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会山形本部です。
 中央本部と47都道府県の地方本部は、相互に有機な連携を図りながら、合理的な組織運営に努め、宅地建物取引業法第64条の3に基づき、各種事業を実施しております。

主な事業

不動産苦情相談業務・苦情解決業務

 会員を相手方とする宅地建物取引についての苦情の解決を目的とする相談の受付(苦情相談)業務を行っており、相談員が相談に対応しております。万一、会員業者が関与する取引により不測の損害を受けた場合は、苦情相談に応じ、責任をもって解決に努力します。
(公社)山形県宅地建物取引業協会と共同して、不動産無料相談所を運営しております。

研修業務

 宅地建物取引士、その他宅地建物取引業の業務に従事し、または従事しようとする者に対して、宅地建物取引業に関する知識及び能力の向上のため、各種研修を実施しております。

弁済業務

 苦情相談において解決が不可能な場合は、会員に代わって代位弁済を行う「弁済保証制度」があります。

手付金保管・保証業務

 手付金等の保管事業を行い、完成物件における手付金等の保全措置を実施することで、購入者の利益保護を図っております。
 また、会員が媒介した取引において、流通機構に登録された物件に対して一般消費者である買主が支払った手付金を保証する業務を行っております。

情報公開(山形本部)

このページのトップへ